実証・検討・調査内容

(1) 発電利用実証試験

天候、気温、海水温の変化に伴う発電量等を計測するとともに、安定した出力が得られる海洋温度差発電技術に関する実証試験を行います。

(2) 海洋温度差発電システムの確立

将来の海洋温度差発電設備の実用化に向けて、発電に係る費用の低減、洋上型海洋温度差発電設備の設置の可能性の検討しています。

(3) 海洋深層水の複合的利用システムの確立

海洋温度差発電に利用した後の海洋深層水の利用の可能性及び方法を調査・検討します。

project future