OTEC沖縄の見学について

海洋温度差発電(OTEC)の当実証試験設備は、沖縄県の事業として平成25年4月から開始し、同時に見学を受け入れています。試験用の設備ですが、事業の開始から3年の間、国内外から多様な目的や職業、年齢層の方々が4,500人以 上訪れています。

普段は関係者以外立入禁止となっていますので、見学をご希望の際は事前の申込をお願いします。見学の内容例は以下のとおりです。ご希望に応じて申込の際に必要事項をご記入ください。※試験の都合により見学を受け入れられない日程もありますので、あらかじめご了承ください。

Visitors to OTECokinawa

通常見学例(約1時間)

@研究所の屋内で、海洋深層水の特性やその利活用状況、OTECについて概要説明(30分)

A屋外のOTECの実証設備や研究所敷地内を案内(30分)

短時間で簡単に見学したい方(15〜30分)

屋外のOTECの実証設備のみをご案内します。

詳しく知りたい方(1時間〜1時間半)

質疑応答の時間を多くとってご説明します。お申し込みの際に、ご専門、目的の詳細、事前のご質問等を、備考欄にご記入ください。

学校関係の方(1〜2時間)

社会見学や校外学習、修学旅行の受け入れも可能です。人数が20名以上の場合は、2グループ以上に分かれての見学となります。お申し込みの際に、学年やご希望の説明内容等を、備考欄にご記入ください。

その他の見学可能な関連施設

海洋深層水研究所の敷地内および近隣に、海水を活用した以下の関連施設もございます。見学をご希望の方は、OTEC沖縄への見学申込とは別に、それぞれの会社へご連絡ください。