第16回久米島町産業まつりへの出展のご報告

OTEC Booth去る2017年12月3日(日)に久米島町で開催されました「第16回久米島町産業まつり」の海洋深層水関連展示ブースに、海洋温度差発電も出展しましたのでご報告いたします。

今回、会場をこれまでの久米島町具志川農村環境改善センターから、楽天イーグルスのキャンプにも使われている久米島ホタルドームへ移したことにより、屋内のスペースが増え、雨天にも関わらず多くの町民が来場しました。

ドームの屋内では、即売コーナー(野菜、苗木、特産品、海洋深層水関連商品など)と展示コーナー(久米島高校園芸課、久米島紬、楽天、久米島マラソン、イモゾウムシ、海洋深層水関連など)があり、屋外には、牛汁や魚汁、カレー、沖縄そばなどの飲食コーナーがありました。また、久米島の特産品クルマエビのつかみ取り(幼稚園~小6対象)も行われました。

PICO OTEC Description

今回、沖縄県海洋深層水研究所と共同で、海洋温度差発電のミニモデルの実演やパネル、パンフレット等を用いて、発電の仕組みや海洋深層水を利用した久米島内での様々な取り組みと今後の展望等を紹介しました。

また、特別に設けた体験コーナーでは、発電や深海を身近に感じてもらうため、手回し発電機やタービンの実物、スターリングエンジンや風力発電の模型、深海生物の標本等を用意したところ、多くの子ども達が集まり、大いに盛り上がりました。

今回の展示によって、一人でも多くの町民の方に、海洋深層水を活用した久米島の取り組みを知っていただき、久米島の今後の産業やエネルギーについて考えるきっかけになればと思います。

The 2017 Kumejima Industrial Festival took place December 3, 2017. While in the past the event has taken place at the Gushikawa Community Development Center, this year it was held at Kumejima’s Firefly Dome. The dome provided an expansive area for booths, displays, and shops, while outside, local restaurants hosted stalls with a variety of foods. Despite the rainy weather, hundreds of visitors and islanders attended.

In collaboration with the Okinawa Deep Seawater Research Center and Kumejima Town, we held a booth highlighting OTEC and Deep Seawater Use on Kumejima, including a variety of hand-held learning activities on power generation and renewable energy. Our PICO OTEC also made its debut at the local industry festival, providing visitors with an up-close introduction to OTEC.

カテゴリー: English, Japanese タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です