Indonesian Delegation to OTEC Okinawa

DSCN1043_1At the end of March 2016 we welcomed a delegation from the Republic of Indonesia Coordinating Ministry for Maritime and Resources Affairs as they sought to learn more about Ocean Thermal Energy Conversion, Deep Seawater Use, and the potential for applying such technologies in Indonesia. With Indonesia’s proximity to deep seawater, warm surface seawater, large population, and numerous communities still lacking secure access to power and water, Indonesia has perhaps the largest potential for use of this clean and renewable technology in the world.

DSCN1044_1Kumejima’s 100kW-class OTEC facility provides visitors the opportunity to see the world’s longest running operational OTEC facility using actual deep and surface seawater up-close, and feel the temperature of the waters driving the power generation cycle. The Kumejima Model, which is the local answer to creation of a sustainable and self-sufficient community, is set to be an important step in realizing small-scale OTEC is not only technically possible, but economically practical as well. As deep seawater related industries on Kumejima already account for roughly a quarter of the local economy and there is existing demand for water, know-how in its use, and local support, the island is uniquely suited as a community testing ground to integrate the separate yet related fields involved in using deep seawater effectively.

DSCN1034_1It is our hope, that the delegation found their trip interesting and informative, and that what they saw here will help accelerate the adoption of renewable, base-load clean energy around the world.

As this financial year comes to a close, we thank the thousands of visitors who have come to Kumejima so far, and look forward to sharing OTEC Okinawa with more next year. If you haven’t seen our facility yet, we hope you will come for a tour.

 

2016年3月22日、沖縄県久米島での海洋温度差発電と海洋深層水の多段活用に強い関心を持たれたインドネシア政府の海洋資源調整省の皆様が視察にいらっしゃいました。

未だ電力と水の安全なアクセスが保障されていないインドネシアですが、海洋深層水を有効活用するには非常に適した土地柄であり、再生可能エネルギーである海洋温度差発電にとっても最も大きな可能性を持つ地域の一つです。

当設備は、実際の海洋深層水と表層水を利用した世界で初めての設備で、2013年から今まで継続した発電を行っており、視察・見学にいらした方に実際に見ていただき、海水温の変化を体感してもらうことのできる設備となっています。
海洋温度差発電を小さなスケールで行うことは、技術的な部分だけでなく経済的な面でも久米島町が目指す持続可能な島嶼自立型コミュニティ「久米島モデル」の実現に向けて重要です。

久米島では既に海洋深層水利用産業が地域経済の4分の1を支えています。産業はまだまだ発展の余地がありますが、現在の取水量では産業の拡大ができない状況にあります。ノウハウも地元の支えもあるので、現在は各産業で別々に使われている海洋深層水を多段階で有効活用する試験的な場としてこの島は非常に適しており、取水量増量が求められています。

インドネシア政府の方々にとって、今回の視察が有益な機会であったことを切に願い、この再生可能なクリーンエネルギーが世界中でベース電源として広まっていくことを期待しています。

2015年度、ご来場いただいた皆様に御礼申し上げます。2016年度もご来場いただく皆様とお会いできるのを楽しみにしております。

ご興味のある方は、是非ご来場ください。見学のお申し込みは、HPからも承っております。

カテゴリー: English, Japanese タグ: パーマリンク

Indonesian Delegation to OTEC Okinawa への2件のフィードバック

  1. ピンバック: GOSEA

  2. ピンバック: GOSEA(日本語)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です