「しまのゆんたくin久米島」に参加しました

IMG_529911月7日に行われたイベント「しまのゆんたくin久米島」に行ってきました。

このイベントは、内閣府沖縄総合事務局の主催で、全体のテーマを「耕海興国”海を耕して国を興す”~海洋資源立国のフロントランナー・久米島を目指して~」とし、海を活用した島興しや、海洋深層水の利活用に着目した内容となっていました。

初日には、「エネルギー部門」「サービス部門」「産業部門」の分科会があり、私たちはエネルギーのほうに参加しました。

フロアには、内閣府沖縄総合事務局、沖縄県、久米島町、佐賀大学、琉球大学、事業者の産学官とOTECをはじめ沖縄電力、太陽光発電や風力発電の関係者が一同に集まり、久米島におけるエネルギーの地産地消および海洋エネルギー・海洋資源利用活用研究拠点化の可能性ついて活発な議論が交わされました。

OTECの技術アドバイザーを務めていただいている佐賀大学海洋エネルギー研究センターの池上康之教授の講演もありました。

IMG_5273

その後、内閣官房総合海洋政策本部事務局の馬場崎参事官による「新たな海洋基本計画と今後の海洋政策について」と題した講演会が行われました。

それを受けて、翌日のシンポジウムでは「『海洋立島・久米島』の創出にむけて」というテーマで、「久米島が海洋立国のフロントランナーとして21世紀の成長モデルとなり、沖縄経済の自立に向けたけん引役となるために今、取り組むべきこと」について、各分科会の代表者による報告や今後の方向性などの活発な議論が行われました。そして最後に、平良朝幸久米島町長より共同宣言文が読み上げられました。

海洋立島宣言 「地球上のすべての生命は「海」から始まったといわれています。我々は、いのちの原点である、母なる“海”をいま一度みつめなおすとともに、全ての英知を結集して、地球環境にやさしく、いのちが輝くような、そして、海とともに生きてきた「海洋国家・日本」にふさわしい未来を、大洋を臨む、ここ沖縄・久米島から創っていくことを宣言します。」 平成25年11月8日

この2日間を通して、ここ久米島からスタートした世界唯一の本OTEC実証設備が、「耕海興国」に向けた重要な役割を担っていることを強く感じ、広報担当としてもっとOTECを盛り上げていけるようがんばりたいと改めて思いました。

IMG_5269This past week Kume Island hosted the Island Yuntaku, sponsored by the Cabinet Office of the Japanese Government. Yuntaku is a word from the local Okinawan Dialect meaning to come together for a chat. So the event was a kind of open forum on Island issues revolving around three sectors: Energy, Service, and Industry.

The event spanned two days and included locals from Kume Island, representatives from the Cabinet Ministry, The head of Ryukyu University and staff, representatives from the Okinawa Prefecture Government, Professor Ikegami of Saga University, and other interested parties.

IMG_5353The first day began with welcome speeches from various persons with a presentation by Prof. Ikegami on Ocean Thermal Energy Conversion and its potential for the future on small islands and beyond. After the speeches, the attendees broke into three groups for a discussion on their chosen sector, moderated by representatives from Ryukyu University.

As I work with OTEC, I attended the Energy Sector chat. There various items were presented by key parties and then discussed. The Okinawan Government representative, Prof. Ikegami, and a representative of Kume Island spoke for brief periods. During the short breakout session, key questions were asked by both the moderator and other attendees. One of the attendees was asked to report during the following day’s symposium.

IMG_5306Later that evening, Councillor Babasaki from the General Ocean Policy Secretariat gave a talk on current and future ocean energy programs in Japan. Afterward there was a welcome party and further chance to talk.

The second day began in the afternoon and comprised a coming-together of the previous day’s breakout sessions, where representatives shared what was discussed and further presentations, questions, and discussions could be had in a larger forum.

カテゴリー: English, Japanese, News タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です