海水タンクの定期点検と清掃

P1210210ここ沖縄県海洋深層水研究所では、年に1回、深層水および表層水タンクの定期点検と清掃作業を行っています。左の写真は、左側がOTECプラント、右側がタンク(2階部分)のある機械棟です。

ちなみに真ん中の白い建物の地下13mには、深層水と表層水の取水ポンプがあり、ここからくみ上げられた海水が配管を通って各所に送られています。

先月と今月、タンクの定期点検と清掃が行われましたが、タンクの中は驚くほどきれいでした。ほとんど貝類が付着しないのは、他県の海水取水設備では考えられないそうです。久米島の海がきれいなことと関係しているのかもしれませんね。

IMG_2398

Every year the Okinawa Deep Sea Water Research institute’s Cold Water Tank is inspected and cleaned. Pumps deep underground bring the water to the tank so that it can be more easily distributed to the many industries that use it. Since very small sea life or eggs can enter the tank, it is inspected and cleaned every year. The cold water tank is very easy to clean since the deep-sea water is mostly free of the sand, algae, and other contaminates found in surface water.

This year staff from the Churaumi Aquarium came to collect samples, a much easier method of studying deep-sea life than attempting to go there!

カテゴリー: English, Japanese タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です